自撮りで可愛く写る持ち方と6つのコツは?

自撮り コツ 持ち方

 

この記事では、自撮りで可愛く写るための持ち方などのコツについて解説していきます!

 

InstagramやTwitterなどで、とてもクオリティの高い自撮りをアップしている女性が多くいますね。

 

実際にもの凄く可愛い子なんだろうなぁ。と思っていて、リアルで会うってみると『あれ?意外と普通??』ということも少なくはありません。

 

しかし、女性の中には自撮りのプロ!と呼べるくらい、最大限に自分の可愛さを引き出すテクニックを持っている方も、実際にいらっしゃるんですよね。

 

そこで今回は、自撮りにはいくつかの可愛く写るための持ち方やコツがあるので、ポイントをまとめてみました!

自撮りで可愛く写る持ち方と6つのコツは?

1:センターは目の位置に持ってくる

自撮り コツ 持ち方

カメラの中央を顔の中心に合わせると、なんだかベタッと顔が広がって写ってしまうということはありませんか?

 

スマホのカメラでも、グリッド線が表示されるものがあると思います。

 

グリッドは、撮影するものの位置を確認するための機能ですが、自撮りのポイントにも関係しています。

 

プロのカメラマンの弁ですが、スマホのカメラは湾曲して写るクセがあるそう。

 

中心部分が肥大して写る、魚眼レンズのような特質があるので、顔の中心である鼻をカメラのセンターに合わせると、鼻が大きく広がって写ってしまうということになりますね。

 

ここで、グリット線が役に立ちます。

 

顔のどの位置が中心に来ているのかが掴めない方は、グリッド線を目安にしてカメラの中心を目に合わせると上手く撮れるのではないでしょうか?

 

スマホの場合、インカメラよりアウトカメラの方が画質が綺麗という特徴もありますので、どの辺りがセンターになるのか、コツを掴むまではカメラの向こうに鏡を置いて確認しながら自撮りするのもオススメですよ。

 

2:カメラを構える位置は斜め上

自撮り コツ 持ち方

出典:http://lionsign.net/wp/archives/2276

自撮りをする女性なら、大抵の方は心得ていることだとは思いますが、顔の斜め上にカメラを構えることも可愛く撮るコツのひとつですね。

 

真正面から撮るよりも顔の陰影や立体感が出ますし、遠近法を利用することで目は大きく顎は小さく写りますから、必然的に可愛さはアップするといえるでしょう。

 

もちろん人によってベストな位置は違いますので、少しずつ位置や角度を変えて一番綺麗に撮れるポジションを探してみるといいと思います。

 

3:視線はレンズの少し上

自撮り コツ 持ち方

何度か自撮りしていると分かると思いますが、しっかり目を開けているつもりなのに眼力が半減している。なんてこともありますね。

 

カメラのクセや角度にもよるとは思いますが、スマホの場合レンズを真っ直ぐに見つめてしまうよりも、レンズよりも心持ち上に視線を固定する方が綺麗に写ることが多いようです。

 

視線を上げておくとまぶたの影ができにくく、目もぱっちりと写すことができます。

 

ただし、カメラの角度と視線の位置の相乗効果で上目遣いになりすぎると、あざとい印象の自撮りになってしまうので、カメラと視線のバランスは重要ですね。

 

4:画像の明るさを調整する

自撮り コツ 持ち方

出典:http://shonan-web.jp/social-media/selfie/

スマホのカメラでもデジカメでも、ホワイトバランスを調節する機能はあると思います。

 

ホワイトバランスは画像の明るさをアップして明度を上げる調節機能ですので、ホワイトバランスを上げると明るく白っぽい仕上がりになります。

 

肌のアラを光で飛ばすという技法もありますが、ホワイトバランスを上げておくだけで、肌を白く明るく見せることができますね。

 

あまり上げすぎると画像全体が白っぽくボヤけてしまいますので、少しずつ調節して設定するのが一番だと思います。

 

5:光が強くない場所を選ぶ

自撮り コツ 持ち方

屋外でも室内でも、極端に明るい光源では綺麗な自撮りはしにくいです。

 

部分的に明るすぎて顔のパーツが飛んでしまったり、余計な影ができてしまうことも多いですね。

 

稀に奇跡的に綺麗な写真が撮れることもありますが、一般的には光の強さが安定した場所で撮る方ことがコツだといわれています。

 

夜間など、あまり暗い環境も適してはいませんので、薄曇りくらいの明るさが一番なようですよ。

 

6:アプリに頼る!

自撮り コツ 持ち方

写真加工のアプリは有料から無料のものまで数え切れないほどありますね。

 

無料のものでも、美肌加工ができたり簡単な画像修正機能を備えたものが多いです。

 

フィルターの種類も豊富で、画像のイメージをガラッと変えることができますから、利用しない手はありません。

 

自撮りは証明写真ではないので、自分が気に入るように加工しても問題ナシ。

 

白黒やセピアなど、あえてレトロに加工するのもオシャレだと思いますよ。

 

自撮りの上手い女性は、それだけ自撮りを重ねているということ。

 

使っているカメラの性質や、長所や短所を含めた自分の顔の特徴をよく分かっているということかもしれませんね。

 

習うより慣れろ。というのは自撮りでもいえることのようです。

 

回数を重ねていけば自然とコツが分かってきますので、ひたすら練習することが大切かもしれませんよ。

 

まとめ

自撮り コツ 持ち方

今回は、自撮りで可愛く写るためのコツについて解説しました。

 

今まであまり自撮りに自信がなかった人も、今回のポイントを押さえながら自撮りをしてみると可愛く写ることができるでしょう♪

 

可愛い自撮りが撮れるようになれば、彼氏などもできやすくなります。

 

それこそ最近ではアプリを使った出会いが主流になってきており、それをきっかけに彼氏を作る人も多くなってきました。

 

ただ、その時に必要になるのがプロフィール写真で、今回の内容を参考にして撮った画像を載せておくと運命の人から声をかけてもらえるかもしれません。

 

そこで、おすすめなのが450万人もの会員数を誇る恋活マッチングアプリの『ペアーズ』です!

 

当サイトでご紹介するペアーズは、facebook上国内最大手のマッチングサービスで実名も出ず、友達にも出会わないようになっているため安心して出会いを探すことが出来ます。

 

すでに登場しているマッチングアプリの中でも非常に高評価のアプリなので、真剣にお付き合いする恋人を探している人は登録してみることをおすすめします。