痛い自撮りをしている勘違い女の特徴は?

自撮り 女 痛い 勘違い

 

この記事では、痛い自撮りをしている勘違い女の特徴についてお伝えしていきます。

 

友人とのタイムリーで気軽なコミュニケーションツールとして、また、共通の趣味嗜好を持つ不特定多数の人々と交流を広げるツールとして、様々な形態のSNSが登場し、今では複数のSNSを駆使しているユーザーも少なくありません。

 

そんなSNSで爆発的な流行を見せたのが自分の写真を撮ってアップする『自撮り文化』。

 

女性を中心に、日常生活で見つけた感動や衝撃の共有をはじめ、自分の主張やセンスの発信など様々な方法で自撮り写真が活用されています。

 

しかし、この自撮りを活用しようとして空回りし、周りに不快感を与えてしまうと『勘違い女』『痛い女』などとマイナスの評価を受けてしまいます・・・。

 

自撮りをしているの人数が多い分、女性の中でそういった方を多数見かけるのも事実です。

 

このような嫌われる自撮り女子は一体何を間違ってしまったのでしょうか。

 

そこで今回は、痛い自撮りをしている勘違い女の特徴についてお伝えしていきます。

痛い自撮りをしている勘違い女の特徴は?

その1:さりげなく男の影を匂わせる写真

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:googirl.jp

ドライブや食事などの外出中の自撮り写真や、家の中で料理をしたりくつろいでいる自撮り写真。

 

その隅っこにわざわざ計算したかのように見切れている男性の手、腕、肩、足。コメントには決して『彼氏と〇〇に来ています』『彼氏と家でくつろいでます』などとは書きません。

 

特に彼氏がいることを公表していない女性に多く見られる自撮り写真ですが、アピール感や注目を引きたい心理が透けて見えるため嫌われやすいようです。

 

その2:謙虚に見せかけて自信満々のすっぴん写真

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:gakumado.mynavi.jp

そもそもすっぴん写真なんて、よっぽど注目を集めている芸能人や誰もが認める美人にしか求められていません。

 

わざわざ『今すっぴんだから恥ずかしい』なんて自信なさげなコメントを残しながら、ライティングやアングルに凝って美肌に見せようとしている自撮り写真を公開している一般女性。

 

『すっぴんなのに肌きれいだね!』というコメントを待っているようで不快感を与えるようです。

 

その3:我が子自慢の写真

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:switch-blog.net

1日に何枚も同じようなアングルでひたすら我が子の写真を連投する女性も周りからはあまり好まれてはいません。

 

確かに自分の子どもは誰よりも可愛く感じるものですが、行き過ぎると過度な身内びいきや子どもを可愛がる自分に酔う姿が浮き彫りになり、痛々しく見えることも。

 

自分の子どもばかりではなく、親戚の子どもや友人の子どもも平等に可愛がる様子がうかがえると、不快感は緩和されるかもしれません。

 

その4:悲劇のヒロイン

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:welq.jp

自撮り写真に限ったことではありませんが、自分が悲しんでいる姿、理不尽な目にあっている姿を強調するような写真やコメントは見ている人の気分にまで悪影響を与えます。

 

そのことがわかっているだろうに、同情を買いたいためか悲劇のヒロインを演じるような投稿しているような女性は、自己中心的で子どもっぽいとの印象を受けるようです。

 

さらに安っぽいポエムのようなコメントが添えられているとより一層悪印象が付いてしまいます。

 

その5:仕事できる女アピール

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:woman.excite.co.jp

最近は女性の社会進出も目立つようになり、男性以上にバリバリ働く女性も増えてきました。

 

その中で、自分は会社から認められている、仕事ができるアピールをする女性も多くなってきました。

 

特に、自撮り写真と仕事のことを絡めた内容ばかりを投稿している人は異性からだけでなく同じ女性からも鼻につく存在となるので、周りにそういった友達や知人がいればどこか食事にでも誘ってあげるといいかもしれません。

 

では、もしこのような特徴を持つ痛い勘違い女性に出会った時にはどのような対処をすればいいのでしょうか?

痛い勘違い女への対処法は?

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:angie-life.jp

先ほどもご覧頂いた通り、勘違いをしている痛い女性にも様々なタイプがいるので、対処法もそれぞれ異なってきます。

 

なので、ここからいくつかの対処法をご紹介しますので、最適と思われるものを試してみてください。

 

深く共感しない

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:4yuuu.com

勘違い女性をより痛い存在にしてしまうのは、その女性が持つ価値観への共感です。

 

少しでも共感してくれる人がいれば、自分の考えは間違いではないのだと思い込み、余計痛い投稿が増えていきます。

 

そのため、勘違いしている女性に会った時は、なるべくその女性に共感せず、話を聞き流すようにした方がいいでしょう。

 

痛さの裏にある背景を考える

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:ure.pia.co.jp

人間誰しも勘違いをする生き物なので、痛い女性が勘違いするに至ったのも何かきっかけがあるに違いありません。

 

それこそ、痛い投稿をすることで批判のコメントが来たとしても、それで自分の存在を認めてくれる人がいると寂しさの埋め合わせをしているのかもしれません。

 

そういった背景を理解して接してあげると、その人自身の見え方も変わって、痛さを受け入れることもできるでしょう。

 

ちゃんと指摘する

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:woman.excite.co.jp

もし、親しい友人や彼女が痛い投稿を繰り返しているようならば、いっそのこと指摘してあげるのが一番その人のためになります。

 

たとえ、指摘した時に喧嘩になったとしても、心から改善したほうが良いということを伝えられるのが本当の友情や愛情だと思います。

 

人間1人では気がつけないこともあるので、親しい仲ならば勇気を持って指摘してあげましょう!

 

まとめ

自撮り 女 痛い 勘違い

出典:sp.lalu.jp

このような嫌われる自撮り女子、皆さんもどこかで見たことがありませんでしたか?

 

こうした特徴には共通して、見る人の気持ちを考えずに、ただちやほやされようと自己主張を続ける姿勢が感じられます。

 

そうなると、自分をよく見せるための自撮りにこだわりすぎないことがSNSに自撮りを公開するために必要なマナーなのかもしれません。

 

逆に、見る人にとってためになる情報や、人や物の良いところを紹介するような写真や誰もが微笑むような気分のいい瞬間などを掲載している女性は、同性からの好感も得やすいようです。

 

もし、男性の場合であれば、今回ご紹介したような痛い自撮りをしている女性にはあまり関わらないようにした方がいいでしょう。

 

とはいえ、女性と全く出会う機会がない!という男性は、相手を探すためにまずは行動を起こしましょう。

 

最近ではスマホユーザーの増加に伴い、スマホを通じた出会いが多くなってきています。

 

そのスマホでの出会いをサポートしてくれるのが、マッチングアプリというものです。

 

 

とはいえ、まだ使ったことのない人からすればどのアプリが出会いやすいのか、分からないことでしょう。

 

そこで、おすすめなのが450万人もの会員数を誇る恋活マッチングアプリの『ペアーズ』です!

 

当サイトでご紹介するペアーズは、facebook上国内最大手のマッチングサービスで実名も出ず、友達にも出会わないようになっているため安心して出会いを探すことが出来ます。

 

すでに登場しているマッチングアプリの中でも非常に高評価のアプリなので、真剣にお付き合いする恋人を探している人は登録してみることをおすすめします。